tan*tan*days

どんまつと一緒のキラキラな毎日

第2回 Eat & Heart セミナー

今日は楽しみにしてた本村先生姉妹の『Eat&Heartセミナー』の2回目です
前回(記事はコチラ)が8月で次回は今の所未定・・・今年1年間をかけて全5回開かれる予定です
今日もあゆちゃんと一緒に電車でGO!途中でもちろんランチ(今日はうまうまカレー)を食べてからね[18]

今日の講師はは本村伸子先生です!

〜身体の構造と食事の関係〜

1. 消化管の働き

(1)消化の種類
  機能的消化:口腔内においてはで噛み砕く。胃や腸のぜん動運動。
  化学的消化:消化酵素による化学反応

(2)肉食動物と草食動物の違い
  肉食動物の消化管が短い事(ネコ−体長の4倍・イヌ−体長の5、6倍)
  草食動物(牛・鹿・きりん・馬などの大きな動物やウサギ・コアラなどについて詳しくお話聞きました)は長いって事は一応知ってたけど
  複胃動物・結腸動物・盲腸動物などの種類にわけての説明がわかりやすくて面白かったです
  特に記憶に残ったのがウサギさんの食糞のお話!子供の頃に何度かウサギさんと生活したことがあったわたし・・・遠い記憶に思い
  を巡らせちゃいました

(3)消化の流れ
  口腔→食堂→胃→小腸→大腸→ウンP

  口腔:食べ物はまず口腔内で最初の消化が始まる
  ヒトは唾液の中にアミラーゼを含んでいるがイヌ・ネコには無いのでここでは機能的消化のみ

  食道:食道には消化機能はなくてただの通り道
  スムーズに消化させる為に唾液が重要(唾液には殺菌の作用も!)

  胃:噴門部近くの前胃(ここでは消化液が分泌されない)では一時的に食べ物を貯蔵して食べ物自身が持っている酵素によって消
  化が促進される
  機能的消化と化学的消化の両方が行われる

  胃は強酸の海であることが大事!
  
  胃線からの塩酸・粘液の分泌を刺激する為には神経系と内分泌系の刺激が重要!
  って聞くと難しそうだけど・・・実はごはんの準備をしてる時に「ごはんだよ〜」「今日のごはんは何かな〜?」「おいしそうだよ〜」なん
  て声をかけたりしてあげることや、準備の音や匂いが重要ってこと!
  そして食後は2、3時間はゆっくりさせてあげるのも大切なこと!
  (まつはごはんの直後に超ハイテンションで一瞬走り回っちゃうことがあるんだけど、どうかなぁ?その後は爆睡してるけど・・・)

  塩酸の働き  
  たんぱく質は胃で消化される。その為には塩酸(強酸)が必要!
  塩酸の分泌には塩(岩塩・海水塩・海草)などが必要なのでイヌネコにもNaは必要
  塩酸には殺菌作用もある

  小腸:食べ物の消化吸収が行われる
  
  たんぱく質→胃から消化がスタート
  脂質・糖質→小腸から消化がスタート

  大腸:水分とミネラルの吸収

うんと昔の授業で教わったはず(でも全然忘れてる)の食べ物の消化の流れ
それはヒトの話だったけどわんでもほとんど同じ

休憩タイムを挟んで後半です

2.肉食動物の特異的な食性

(1)身体の構成成分の違い
  表に記された数値によって分かりやすく説明していただきました

(2)イヌの食性
  雑食性の強い肉食動物である
  糖質をエネルギー源にできるなどなど・・・

(3)猫の食性
  完全なる肉食動物である→解毒能力が低い→新鮮な物を好む(イヌは少し腐ってる?くらいの物でも口にすることがある)
  イヌの2倍くらいの高たんぱく質を要求するなどなど・・・

  イヌとネコの食の違いのお話にはとってもひきつけられてしまいました
  やっぱり一番身近な動物さんですよね

今までに受けた本村先生のセミナーとは視点が異なる感じで新しい感じのセミナーでした
ちょっと難しくて(う〜ん理解できないかも )ってひとりで焦ったり[29]
でも直接お話を聞けるのってやっぱり幸せだなぁって思います
少しでもどんまつに活かせるといいな〜

今日のセミナーで心に残ったこと

本来肉食動物であるイヌネコは胃で消化する生き物である
でも糖質の多いフードを長年食べ続けて来たコは胃ではなく(胃が働かなくて良い状態になってる)小腸で消化がスタートする身体になっている可能性がある
ドライフード(糖質の多い食事)から手作り食(たんぱく質の多い食事)に切り替える時は胃が働く身体であるかどうか考慮する必要がある

まつは1歳になる前から少しずつ生食を始めてたけど、どんが初めて生肉を口にしたのは6歳をだいぶ過ぎた頃
それでもお腹を壊したり〜などの反応が全く出なかったのは実は運が良かったのかも?
あの頃は↑の事なんて全然知らなかったし(汗)

これからも毎日のウンPの状態をよぉくチェックしながら楽しく手作りごはんを続けていけたらいいな[2]

  dm.jpg
author : min | comments (4) | trackbacks (0)

新ペットを病気にしないセミナー 〜手作り食(4)〜

4月から始まった本村先生の手作り食のセミナーも5回目の今日でとうとう最後です
前半は前回同様にレシピ検討(大切なペットさんのごはんを紹介していただいてありがとう)
後半は過去4回の復習として自然治癒力の3つのバランス

txt.jpg

本日のテキストと先生から頂いたフリーペーパー(内容豊富です!)

今日もあゆちゃんと電車に乗って(途中でお決まりのランチして)参加してきました(今月はたっぷりご一緒できて嬉しかった〜ありがとう[26] )

汽譽轡垳‘

今回レシピを提出された生徒さん達の大切な家族達はキャバリア・アメコカ・ボロニーズ・ビション×アメコカ・コーギーと様々な犬種が勢ぞろい
それぞれ食生活や身体に特徴があって飼い主さん達もとても注意しながら毎日のごはんを作ってあげてることが伝わってくるレシピでした

先生からはそれぞれのレシピについて食事の注意点を教えていただきました

以下わたしがそうなんだ[30]と思ったポイント

・アレルギーに関して

アレルギーとT細胞
魚の種類
ナッツ類
海草

今は絶対[52]な食材があるわけではないどんまつだけど今後そういう事があった時に参考にできるお話がたくさんでした
以前から[27]と思ってた食材に関しても偶然お話が聞けて嬉しかった〜

phチェック
プロバイオティクス(動物性と植物性の違い)

phチェックは我が家も時々やってます
手作りだとどうしてもお肉と野菜のバランスが気になることがあるので家でチェックできるのはとっても助かります(気になる時はもちろん獣医さんでチェックです)
プロバイオティクスに関しては全く知らなかったことで(ほぉ〜)って感じでした
本当に本村先生のお話から学べることってキリがありません(当然だけどね)

脅然治癒力の3つのバランス

後半は今までの復習
でもすでに忘れかけてた事もあって再認識したことも幾つか

1.3つのバランス
大切な3つ「内分泌系」「神経系」「免疫系」のバランスを保つことが健康な身体を維持するためには欠かせないこと
でも「内分泌」「神経」のバランスを取ることで「免疫」のバランスは保たれるという事

2.3つのバランスを取り戻すために出来ること
食事の見直し・環境を変える・適度なストレス


お話の内容を細かく書くことはできないけど
今回も一番心に残った「わんの健康にとって一番大切なこと」は

飼い主との関係

本村先生のお話には何度となく出てきた言葉です
そしてその度に(そうだよね)って思ってきたこと

どんなにごはんをがんばって作ったつもりでもケアしてるつもりでも散歩をがんばってみても
どんまつにとって一番大切なのはkazuやわたしとの毎日の関係

放ったらかしはもちろん[52]だけど必要以上に密接にならないことも大切[28]
↑これって本当に何度も出てきた言葉!忘れずに大切にしていきます


難しい言葉も出てくるけど本村先生のセミナーはいつもあっという間に過ぎてしまう楽しい時間でした
手作り食に関してのセミナーはこれで一応お終いだけどどんまつとの生活はこれからもずっと・・・
せっかく教えていただいた事を少しでも毎日の生活に活かすことができるようにしたいと思います
author : min | comments (2) | trackbacks (0)

気功ヒーリング

シルバーウィークの最終日はお昼まで仕事して夕方からkazuと自宅から5分の温泉に行って心身ともにリフレッシュ[26]
2年前に出来た時から「行こう!」と思いつつなかなか機会がなくてやっとこ(笑)
思ってたより大きくて種類も豊富で結構良かったかも〜[2]

でも昨日のバイトで一日バタバタ動き回って昨夜はまたもくったり・・・
そして今日は楽しみにしてた「気功ヒーリング無料体験」DAY[28]

向かった先は先日までお世話になってた(きっとこれからもお世話になっちゃうけど〜)WISH!
新しく始まった気功ヒーリングが今月末まで無料キャンペーン中なのです

えへへ.jpg

ちょっと早めに着いちゃったのでランで時間までひと遊び[26]
写真ではニコニコのどんですが実は暑くてほとんど日陰で涼んでました(笑)
まつは走り回ってたけどね〜

SHOPの一角にヒーリングコーナーが設置されてまずは先生がわたしの気穴の測定
なんだか「ピッピピッピ」たくさん音がしてるなぁって思ってたら
先生が「ずいぶん気の流れが多い」みたいなことを言われて
その後はベッドにうつ伏せになって気が入り易くなるように身体を整えるために肩・背中・足とチェックしていただいたら先生から意外なコメント!

いつも首やら肩から凝ってるしめちゃくちゃ身体硬いし
「これは大変ね」って言われると思ってたのに
「気がとっても良く流れてますね。日常的に運動してますか?」って!?

わたしが動くのって週に一度のヨガ(それも家では全然やってないし[29] )
あとは最近は週に二日のバイト?(これは7時間は動き続けてるかも)
だけだけど〜それでも意味あったのかなぁ?

その後は自分で気功の中継器を使ってゆったりタイム〜
足元ではまつがず〜っと「ひんひん」言ってたけどね(汗)

わたしがゆったり癒された後はどんまつの番!
まずはどんをベッドに乗せて中継器を近づけたんだけど〜最初は怖がっちゃってあわあわしちゃって大変でした
たぶん病院の診察台に乗せられたような気がしたんじゃないかな[18]
でも時間が経つにつれ落ち着いてきてゆっくり胸の辺りをなでながらヒーリングタイム♪
最後はまつ!こちらは最初から怖がることなくゆったりリラックス〜
その頃にはどんもかなりリラックスして最終的にはベッドの上でふたり揃ってとろとろしてました[2]

そんなこんなで1時間が終了!
結局ほとんどの時間をわたしに使っちゃったけど(笑)温泉に続いてとっても素敵な癒しの時間を過ごせました

帰りは久しぶりの公園で散歩でも〜って思ってたけど暑い!!!
予定変更してご近所カフェに移動してノドを潤すことに[8]

sweets.jpg

潤すだけのつもりが・・・(笑)

まだぁ?.jpg

大興奮でなかなかじっとしてくれなかったどんまつ
写真の後はものすごい勢いで完食してました[8]

ちょっと日が陰ってきたところでカフェを後にして近所を散歩〜
帰宅後はいつも以上に爆睡のふたりでした[2]


話は変わって・・・どんまつのごはんを手作りするようになったのが去年の12月
今のところふたりとも元気に過ごしてるから一応大丈夫?なのかな?
でも最近かなりマンネリ化してる気がする(汗)
そんな時にお友達がわんこごはんのモブログをスタート!
モブログだったら毎回PC立ち上げる必要も無いしめんどくさがりなわたしでもできるかも?
お友達にも薦めてもらって始めてみました[2]
tan*tan*gohan
とりあえず一週間は続いてます(笑)

「こんな食材も良いよ〜」とか「これはどうかなぁ?」とか
ご意見お待ちしてますので〜良かったら覗いてみてくださいね[2]
author : min | comments (4) | trackbacks (0)

宝物の半年間

春。4月に始まって月に2回のペースで受けて来た講座

「ホリスティックケア・アドバイザー養成講座」
              @ Dog Culture WISH

前回卒業試験と面接を受けて本日何とか無事に卒業式となりました

shousho.jpg

認定証書なんて生まれて初めてもらったかも!嬉しかった〜[2]

−半年間に学んだこと−
・食餌
・トレーニング
・ホリスティックマッサージ
・健康診断と飼育管理
・バッチフラワーなどなど

ひとつの事について掘り下げて学ぶというのではなく
数あるホリスティックケアの中から先生がチョイスされたものを学び
その中で「もっと知りたい!学びたい!」を思えるものに出会えたらもっと掘り下げてみよう!って感じの講座
そしてホリスティックな考えをもってわんと飼い主さんが幸せに暮らせるようアドバイスできる人材を養成する講座

わんは大好きだし出来たらこの先もずっとわんとの生活を続けて行きたい!って思ってるけど
何かわたしでも学べること?出来ること?があるのかどうかもわからなくて
ずっとモヤ〜ンとしてた

去年まつと体験したアジリティ初心者コースがわんと何かをする初めてで
やってみたら思ってた以上に楽しくて
その時にお世話になったS先生のお話をもっと聞きたくて食餌やマッサージのセミナーを受けてますます楽しくなって
それでも今回の講座を受ける決心はなかなかつかなくて
(わたしが受けたところで何か意味があるんだろうか?仕事にするなんてきっとありえないし。どんまつの為にはなるかもしれないけどそれ以上には発展しないだろうし。)ってうじうじうじうじ(沈)
それでもやっぱり受ける決心をしたのは何に関しても決め付けることなく笑顔で受け止めてくださるS先生の魅力・・・先生の「自然が一番」って言葉はこれからも忘れません[2]
そしてどこかに持ってた(やってみたい)っていう気持ち

なんでも決めるまでは時間がかかるけど決めたら早いわたし
予約が始まる前に先行予約してました(笑)

半年間とっても幸せな時間をたくさん過ごせました
一緒に学んだメンバーは今ではすっかり仲間になったし(よね?)
S先生のお話はどの回もとても楽しくて夢中になって聞いてました
大切などんまつの為になればと思って始めたことだったけど自分の為になることもたくさん!
あの時申し込んで本当に良かった[2]

どんまつが幸せな毎日を送れるように学んだことを生かして行けたらいいなと思ってます[22]


楽しかった卒業式↓
author : min | comments (14) | trackbacks (0)

第1回 Eat & Heart セミナー

朝一番で散歩がてら選挙に行ってゆっくり朝ごはんを食べた後・・・どんまつのお相手をkazuに任せてあゆちゃんと楽しみにしてたセミナーへ

すっかり定番になった駅中で今日はカレー屋さんに吸い込まれてランチしてから会場へ向かいます!

いつも素敵でとっても為になるお話を聞かせてくださる本村伸子先生が今日は司会役で登場されて〜本日の講師の先生はお姉さまの直子先生
今日はおふたり一緒に構成される全5回のセミナーの第1回目です

〜“心の安定”こそすべて〜

最初に先生から投げかけられた言葉
「あなたのそばにいる犬(動物)の幸せって何だと思いますか?」
「今日のセミナーはノートをとるより心に何かひとつでも残して帰ってくださいね」
この言葉を考えながらの数時間が始まりました

前半:日本人の動物観〜人と動物は対等か?〜

農耕民族・日本人と狩猟民族・欧米人それぞれの動物との関わり方
それぞれの民族の崇拝してきた宗教によっても違うのだということ
日本はこの20年で犬との関係がとても大きく変わったということ

ひとつひとつのお話がとても分かりやすくあっという間に前半が終了

後半:あなたの心の安定が犬の心の安定
    〜あなたがあなたの犬にできること(犬への癒し)〜

・正しい食事
・環境を整える
・安らかな精神
・適切なトレーニング

この中で一番難しいもの・・・それは「安らかな精神」
そしてお話は続きます

犬の心の不安となる要因

 −飼い主との関係−
 以前よりも一緒に過ごす時間・空間が多くなったことで飼い主の感情を受け取って左右されることが多くなった
 (感受性の強い犬は飼い主のマイナス感情の影響を受けやすい)
 犬は私達が言葉にこめた感情(エネルギー)を受け取っている(触れたらもっと強く影響する)
 無意識に犬に触れているのは自分を癒すため・・・犬を気持ちよくさせるために触れてあげる
 (TVを見ながら触っているのは失礼!←よくやっちゃってるなぁ[4] )
 犬は付き合って触らせてくれるが終わった時にブルブルするのは我慢してた証拠←コレもよくあるかも[29]
 
 −家族・家庭内の問題−
 家庭内の不仲
 誰かが病気
 新しい家族が増える
 引越

 −頼れる存在がいない−
 飼い主に頼れない
 認める相手・尊敬できる相手がいない


先生のどのお話もとても説得力があってズシンと心に響いてきました


今日のセミナーでわたしの心に残ったこと

・毎朝とびっきりの笑顔で「おはよ〜」って言ってくれる犬はエライ[28]
・犬の心の管理は飼い主の責任
・犬の身体の不調の原因は心にあることも多い
・ネガティブな気持ちは[52]自分がポジティブな気持ちでいることがどんまつにとっても幸せなこと[22]
・がまんさせたり留守番させることがあるのは仕方ない!(ごめんね)じゃなくて(ありがとう!)の気持ちでいること
・「わたしがあなたを守ってあげる」と思えば変わってくる

わたしのHAPPYな気持ちがどんまつを笑顔にできる!

これですね[28]



トレーナーさんである直子先生と獣医さんである伸子先生
直子先生曰く「昔はあまり仲の良い姉妹じゃなかった」おふたりが今はものすごい知識とパワーを持って一緒にお仕事してる!
素敵ですね〜[2]

ちょこちょこっとおしゃべりしてるおふたりの姿を見てたら最近ひょんな事から仕事で絡む事になったわたしと妹の姿に似てる?(もちろん中味の濃さは全く違いますが〜!!!)なんて思って親近感( ´艸`)ムププ


d&m.jpg

この4つのヒトミに信頼される飼い主になれますように[26]
author : min | comments (4) | trackbacks (0)